MENU

ヨーグルトダイエットは食前、食後どっちが効果的?

ヨーグルトダイエットをするときに食べるタイミングとしては、食事の前でも後でも、どちらでも構いません。しかし、メニューの中にキチンと組み込んでカロリーコントロールをしないと、ヨーグルトの分だけカロリーが増えてしまうことになります。食後の場合、お腹いっぱい食べた後でヨーグルトを食べると、食べ過ぎになってしまう可能性があります。
タイミングとしては、食前でも食後でも構わないのですが、食べ過ぎには注意が必要です。
ヨーグルトを食べるメリットとして乳酸菌があげられます。食後に食べると胃酸の力が弱くなっていますので、乳酸菌が死ぬリスクが減ります。食前に食べると全体量を減らすことができますが、胃酸の働きが高いため、乳酸菌が死ぬリスクが高くなります。そのため、乳酸菌の効果を十分に得たいのであれば、食後のほうがおすすめです。
乳酸菌の効果を十分に得たいという方は、食事の量をヨーグルト分まで含めた状態で考えて、食事を終えた後にヨーグルトを食べるようにするとよいです。難しいことは考えずに食事の量を抑えたいという方は、食事の前にヨーグルトを食べるとよいです。
ヨーグルトダイエットには、食事のどのタイミングで食べるか以外にも注意したほうが良い点がいくつかあります。その一つが食事の量です。食事の量を変えずにヨーグルトをプラスして食べる形ですと、ヨーグルトの分だけカロリーが増えてしまいます。ヨーグルトは美容や健康によい食べ物ではありますが、ダイエットをしたいのであればカロリーオーバーはいけません。ヨーグルトのカロリーが低いからといって、無制限に食べて良いというものでもないからです。
トータルの食事量は大切です。ヨーグルトの量も含めた全体の食事量に注意しましょう。
ヨーグルトは朝食べるよりも、夜に食べたほうがダイエットには効果が期待できます。ホットヨーグルトにすると更に効果がアップします。ヨーグルトを夜食べると睡眠中にカルシウムが吸収されて成長ホルモンの分泌を促し、脂肪の分解を促進してくれるからです。牛乳を原料としているヨーグルトにはトリプトファンが多く含まれていますので、良質な睡眠も得やすくなります。良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を促してくれますので、ダイエットにも効果が期待できます。
またヨーグルトは冷たいまま食べ過ぎると内蔵を冷やし、胃腸の働きを弱くしたり、冷えを悪化させたり、脂肪を溜め込みやすくなることがあります。冷たいまま食べるよりも、軽く電子レンジで1分ほど温め、人肌程度にしてから食べたほうが効果が期待できます。

関連ページ

カスピ海ヨーグルト ダイエット効果
カスピ海ヨーグルト ダイエット効果
ギリシャヨーグルト ダイエット効果
ギリシャヨーグルト ダイエット効果
飲むヨーグルトダイエット効果と方法
飲むヨーグルトダイエット効果と方法
夜ヨーグルトダイエット効果と方法
夜ヨーグルトダイエット効果と方法
バナナヨーグルトダイエットの効果と方法
バナナヨーグルトダイエットの効果と方法
豆乳ヨーグルトダイエットの方法
豆乳ヨーグルトダイエットの方法
ヨーグルトを使ったダイエットの種類
ヨーグルトを使ったダイエットの種類
はちみつヨーグルトダイエットの効果
はちみつヨーグルトダイエットの効果
朝ヨーグルトダイエットの効果
朝ヨーグルトダイエットの効果