MENU

飲むヨーグルトダイエット効果と方法

ヨーグルトには、乳酸菌が入っているのでダイエット効果が期待できるとされていますが、食べるのではなく飲むヨーグルトであればどうでしょう。
食べるヨーグルトと飲むヨーグルトでは、成分にどのような違いがあるのかというと、成分自体に違いはありません。
あるのは作り方で、食べるヨーグルトを製品にする前に撹拌することで、液体のようにしているだけなんです。
味に違いはありますが、それは砂糖や香料を加えた結果で、ダイエット効果がある成分を加えているわけではありません。

 

では、飲むヨーグルトを飲めば、痩せることができるのか、というと含まれている乳酸菌が腸まで届けば効果が期待できます。
そもそも、何故ヨーグルトでダイエットが出来るのかというと、乳酸菌が腸に届けば、腸内環境が改善されていきます。
腸内環境は消化・吸収が良くなるというだけでなく、基礎代謝の増加や自律神経を整えるといった働きをしてくれるのです。
加えて、カルシウムやビタミンBなども含まれており、それらも新陳代謝の活性化などを助けてくれます。
つまり、飲むことで、体がためこんだ脂肪は燃焼しますし、老廃物や毒素なども排出されるのです。
さらに体がむくんでいる場合、脂肪が燃焼すれば一緒に水分も使われるので、手足やお腹などがスッキリさせる効果も出てきます。

 

次に効果的な飲み方として、どんな方法があるのかというと、毎日続けるのであれば毎日朝食でパンを食べるときに飲み物は飲むヨーグルトにしておくとか、おやつを食べる時の飲み物にしておくことです。
また、冷たい飲み物をのむのと胃腸に負担をかけてしまいます。
特に冬場などは寒さで体が緊張状態になり、せっかく自律神経を整えても、意味がありません。
ただ、問題なのは市販されている飲むヨーグルトの場合、飲みやすくするために色々なものを付け加えているので、電子レンジなどで温めても、美味しくなるとは限りません。
もし、温かい状態で飲みたいのであれば、食べるヨーグルトを購入して、自分でドリンク状にしてから温める方が良いです。
自作にすれば、温めた後にハチミツやジャム、ココアなど好きな味に整える事ができますし、日替わりで切り替えて行くこともできるので楽しみながらダイエットをすることができます。
ちなみに乳酸菌は60度くらいになったら死んでしまいますから、温度を管理しつつ温めることです。
火を使う場合には、チョコレートのように湯煎で温めていけば上手にできます。

関連ページ

カスピ海ヨーグルト ダイエット効果
カスピ海ヨーグルト ダイエット効果
ギリシャヨーグルト ダイエット効果
ギリシャヨーグルト ダイエット効果
夜ヨーグルトダイエット効果と方法
夜ヨーグルトダイエット効果と方法
バナナヨーグルトダイエットの効果と方法
バナナヨーグルトダイエットの効果と方法
豆乳ヨーグルトダイエットの方法
豆乳ヨーグルトダイエットの方法
ヨーグルトを使ったダイエットの種類
ヨーグルトを使ったダイエットの種類
はちみつヨーグルトダイエットの効果
はちみつヨーグルトダイエットの効果
朝ヨーグルトダイエットの効果
朝ヨーグルトダイエットの効果
ヨーグルトダイエットは食前、食後どっちが効果的?
ヨーグルトダイエットは食前、食後どっちが効果的?